『ハトを知らない人々』

ハトを知らない人々と、ハトのちびと、旅人との出会いと旅立ちの物語です。

「ちび」

町に一羽の小さなハトが住んでいました。ハトは人間たちが好きでしたし人間たちもハトが大好きでした。けれども人間たちはハトが「鳥」だと知りませんでしたし、「ハト」という名前も知りませんでした。だから人間たちは、ハトをただ見た目が小さいから「ちび」と呼んでいました。

 

f:id:mikor300koeru:20140505074844j:plain